選ばれました!!




島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

うにの危機

今年は昨年にも増して、壱岐全体の漁獲高が少なく自ずと出荷量は少なくなる。
生産量を保つため、禁漁期を幼少期から設けていて維持してきた。
海女、海士も潜って少ないと言う。

魚と一緒で岸壁にもが根付き、小さな魚が寄ってきて、その繰り返しで大きな魚が巣立っていく。
うに、あわび、さざえは潜るより、漁解禁日の浅瀬での漁師の奥さんたちが取ったやつの方が身がぷりぷりして美味しいみたいだ。

以前、勝本町の海士たちは半年潜って1年間暮らせたという。

地球温暖化、エコを信じない僕としてはやはり乱獲というのが気になってしまう。
数年待ったがいいのでないだろうか?

汐彩屋としても、甘塩うにの販売量を抑えないといけないといけなかもしれない。

汐彩屋ブランドとしては、アジの開き、アジみりん、甘塩うにだ。
アジの開きはとても美味しい。
私はどこの店が売っているのか知らなかった。

しかし、私自身販売者の目になっていないか?
うん、その点は大丈夫だろう。
子供の魚離れ、うにの減少。

販路の変更も考えていかなければいけないと思う。

 
長崎のおいしい手みやげ2018

★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★