夢の島からの贈り物

福岡市内からジェットフォイルで一時間程度の離島・【夢の島・壱岐】です。様々な素晴らしい素材を使った海産物、製菓など、あらゆる素晴らしいを全国の皆様にご提供できればと真剣に考えております。どうぞよろしくお願い致します。

トップ  > 勝本町漁業史  > 勝本町漁業史
【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は2社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

勝本町漁業史

序にかえて

勝本町漁業協同組合
組合長理事
香椎二一郎

今回、関係各位のご協力を得まして『勝本町漁業史』が発刊されるはこびとなりましたことは、組合員の皆様方とともにご同慶にたえません。


私たちの郷土であります勝本は、東は玄界灘、西は対馬海峡に囲まれた壱岐島の北端に位置し、大小七百隻の漁船を有し、沿岸漁業の基地として発展しています。今日のこの漁業の隆盛は、数千年という長い歴史の流れの中で、先人達が幾多の苦難と試練をのり越えて、築いてこられたものです。勝本に住み、勝本で漁業を営む私たちが、「温故知新」の先賢の教えにしたがい、漁業発展のあゆみをひもどき、先人の努力の足跡をたずね、これからの進むべき方向を思索することは、まことに意義深いことと信じます。


現代の漁業環境は、国の内外を問わず非常にきびしい情勢にあります。二百海里漁業専管水域という海洋新秩序の時代となり、オイルショックによる燃料油価格の急騰、魚価の低迷など、従来からの漁業を根底から、見なおさなければならない時期であります。しかし水産業は今後も、国民食糧政策の一端を担う重要産業として、一層発展しなければなりません。この社会的使命を達成するため、私たち漁民は、協同組合精神に立脚し、水産物の安定的供給と漁業経営の安定に、専念する意気に燃えております。このような意味におきましても、本書で勝本町漁業進展の経緯を知り、漁業振興の布石としてご愛読していただければと、心から願う次第でございます。
最後になりましたが『勝本町漁業史』発刊にお力添えをいただきました中上史行先生、横山順壱岐郷土館長の御両氏並びに関係各位に、深く感謝の意を表しますとともに、勝本町当局のご後援、ご配慮には厚くお礼を申しあげます。どうぞ今後とも、勝本町漁業協同組合の発展のため、皆様方の一層のご支援とご指導を賜りますようお願いいたします。

 


 
■壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ
アジの開き
  
甘塩うに


 
 
 
 
 
 
 
 
■壱岐・土肥製菓のかすまき
 
餅入りかすまき
とら巻