【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は1社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

アジゴ釣り

アジゴって、そのままアジの子どもです。

これは裏から、性格に言うと家の裏から釣れるのなんのって、たぶん、みんな経験してると思う。

僕の家は漁師じゃなくて、でも親父は魚釣りが好きだった。

僕が竹竿でボラに海の中に引っ張り込まれそうになってたのを笑って見てたのを覚えてる。

あっ、早世した親父のことのしんみりした話じゃないんで(笑)

親父はもっぱらチヌを釣り、前のおじさんに上げてたね。

なんで、食べないのかおふくろに聞いたところ、親父はチヌの臭みが嫌いだからって言ってたな。

贅沢な(笑)

で、アジゴなんだけど、夏休み、近所の年上の人たちとアジゴをを釣るわけですよ。

なんで、あんなに釣れるんだろうと思うくらい釣れるんですよね。

世の中に『入れ食い』って言葉があると思います。

そんなもんじゃないんですね。

餌は?釣ったアジゴを潰して餌と撒き餌(かぶし)にするわけです。

残酷でしょ?僕らって(笑)

でも、アジゴが釣れるから(笑)昔はトロ箱が発泡スチロールじゃないから木箱です。

あれ、持ちどころ悪いと刺さって痛いんですよね(涙)。

木箱いっぱい釣って、アジゴの天ぷらです。おいしかったですよ。

そういえばホントにいっぱい子どもが釣る魚いましたね。

勝本湾や中折には。

まあ、敵はコウムッチョでしたけど(笑)



アジひらき

アジみりん


甘塩うに




 

★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★