【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は1社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

トラベルサイト

結局、考えてしまうんですよね(笑)
しばらく何も考えまいとしても、目についたら、どうしようもなくなる。
癖?馬鹿だと思います。
極力、市政のことは書かないようにしてます。産業についてもいろいろありますけど、農業分野は知識ゼロに等しい
ですし、魚を増やすことも出来ません。小さなビジネスセンター構想はありますが、今の商工会にやる気があるとは
正直、思えないので。 ← 何様か?はい、将来の九州の州知事です。だから、市長は別の方にお任せします。

リンクのサイトを近年、よく見かけませんか?
旅行をされる方、また出迎える立場の僕らは知っておいてマイナスにはならないと思いますので。
串間の脇元様には、先日コメント欄にコメントさせて頂きました。
よく見かける。これが検索エンジンで壱岐と入れても広告欄に出てきたり、普通に上位に出てきたり、市政のことは
書かないようにと言いましたが、【Re島(離島)プロジェクト】は広告として出してるみたいですね。
対馬、壱岐、新上五島町、五島市、屋久島、5つのプロジェクトなんで5つに分けていると信じたいですが、まさか離
島なんとか連盟?の会長だから、うちが持つ!なんてないですよね(汗)

このサイトの順位を見て、違和感、または、あれ?って思いません?
1.猿岩は特に問題ないでしょう。2.壱岐イルカパーク??って思いません??イルカパーク関係者の方、誤解のない
ようにお願いしたいのですが、僕はイルカパークは大好きです。頑張ってる他都市からきちんと就職で来られた方に
は尊敬の念を抱いてますし、検索に少しでもかかるようにコピペ ← そこは言わなくてよろしい!
7.辰の島遊覧、15.一支国博物館、17.湯ノ本温泉

納得できます??
おかしいでしょ?

種明かしはこれは統計サイトではないということです。

右上に
著者:あまん
国内旅行回数1~2回

国内旅行年に1、2回の温泉好きの方の書いたサイトだからです(笑)
温泉好きで17湯ノ本温泉ってありえないでしょ?

なぜお前にわかるか?ですか?
書いてたからです。
小遣い稼ぎにはいいですよ。

Find travaiという会社が記事を募集する→取り仕切るネットビジネスの方がいる→ライターを募集
僕はライターの立場ですね。

例えば、足を運んだのならばまだいいですよね?運びません。僕は九州に関しては自分で周ったところの写真は、自
分のものを使いましたが、画像使用禁止サイト一覧というのがあり、それ以外のサイトから引張放題、ビジネスホテ
ル20選なんてYahoo!や楽天のサイトから引っ張って来てましたからw

僕が北海道や北陸の観光地のことをさも行ったことがあるように書くわけです。

2.イルカパークはイルカが万人受けするからだと想定されます。
15.一支国博物館、これ非常に気持がわかります。なんか作成しているうちに一つくらい博物館や記念館的なものを入
れておいた方がいいんじゃないかという心理、非常にわかります。なんとなくバランスを気にしてしまうんですね。


好きな記事は選べます。
長崎県 ビジネスホテル 10選
長崎県 観光スポット 20選
長崎県 デートスポット 20選
福岡市 ビジネスホテル 10選
福岡市 観光スポット 20選
福岡市 デートスポット 20選
というような感じです。

指示されることがあります。一例ですが、文章の中に【おすすめ】、【壱岐(壱岐市も可)】、【島】などを3回は入
れてください、といったことです。

壱岐の場合は比較的、こういうのが存在してもあんまり害はないのかもしれません。
例えば県単位、市単位で括ると非常に自治体の観光消費額は変わって来ます。
長崎県で
1,ハウステンボス(佐世保市)
2.九十九島パールシーリゾート(佐世保市)
3.展海峰(佐世保市)
4.稲佐山(長崎市)
5.雲仙・小浜温泉(雲仙市)

こうなってちゃうとどうです?
恐らく長崎旅行を計画してても佐世保旅行に自ずと変わると思うんですね。
たった一人の主観で。

これは他県でも当てはまると思います。
宮崎県、高千穂峡と都井岬を一度に行こうとされる方は少ないと思います。
鹿児島、指宿砂蒸し温泉と佐多岬も一度に行こうとはされないと思います。

何が言いたいか?はい、だから基幹となる観光協会や観光連盟はただし情報を提供していかないといけないと言い続
けています。空に向かってw
観光協会や連盟のサイトが検索にかかれば、お客様の誘導もマイナスイメージは抱かせません。
だから、ホームページを使うんなら本気でやんないと意味がないんです。
簡単です。更新すること。それだけです。
楽して儲けようなんてあるわけないじゃないですか?
贈収賄くらいしか(笑)

僕はこれを商工会、観光連盟、などにという構想はありました、脆くも崩れ去りましたがw
仮にRe島プロジェクトなるものが成功したとしてもそれはそれ!
こっちは個人商店の基幹になるものですし、Re島プロジェクトが成功すれば、それはそれで思いもよらぬ売上増と考
えればいいわけですから。
ホームページを業者に投げる、いつの時代なんですか?とハッキリ言っておきます。

だ・か・ら、動きましょ♪

★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★