夢の島からの贈り物(汐彩屋)

長崎県壱岐市、福岡市内からジェットフォイルで一時間程度の離島・【夢の島・壱岐】です。島内随一の甘塩うに、アジの開き、アジみりんを私、T-style・立石拓也がネット販売しております。勝本朝市でも販売しております。店舗はありません。子どもの魚離れが叫ばれる中、栄養満点のアジです。どうぞよろしくお願いいたします。

トップ  > 管理人ブログ  > うにの炊き込みご飯
【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は1社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

うにの炊き込みご飯



以前も書いたかもしれないですが私はウニ丼、うに飯というものをお店で食べたことがありません。
理由は高価だからです。
うにをごはんに乗せて食べたことはありますが、それはお店で出てくるウニ丼とはかけ離れているでしょう。
壱岐には磯解禁の時期があり、その頃は町の奥さん方が、磯に出かけウニを獲って来ます。
うちは母が勤めていたので行けなかったようです。
ただ、妹に聞いたところ実はあまり母は得意ではなかったみたい、という事実を知ったのはつい最近です。

で半分ほどウニ丼と勘違いして食べていたのが【うにの炊き込みご飯】です。

簡単ですのでレシピをご紹介しますね。

【うにの炊き込みご飯】
材料(4人分)
生うに:80g(甘塩うに一瓶でも対応可能)
大葉:適当
麺つゆのもと:大さじ2杯
酒:大さじ2杯
塩:小さじ1杯
米:2合

【1】 うにの1/2量を酒で溶かす。
【2】 麺つゆ・塩を加える。
【3】 といだお米に【1】、【2】を入れて分量まで水を入れて炊く
【4】 炊き上がったら大葉を適度に散りばめる。
※うにが余っていれば大葉の上に乗せてもいいと思います。

と簡単に出来上がります。


よく鶏釜飯の素、鮭釜飯の素などインスタントがありますが、私はああいったものを使用する場合、大抵が3合炊きになっていますが、どうしても濃いため4合炊いて食べます。
インスタント食品などの場合はどうしても濃くなってる場合が多いからです。
ご参考までに
 

★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★