【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は1社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

アジとは?

アジとは?
(ちょっと学術的に調べました)

アジ(鯵、鰺)は、アジ科アジ亜科 Caranginae に含まれる魚の総称。日本ではその中の一種マアジ Trachurus japonicus を指すことが多いが、他にも多くの種類がある。世界各地の熱帯・温帯域で食用に漁獲されている。

形態
体側の側線上に鋭い突起をもつ稜鱗(りょうりん: Scute)が発達することでアジ科の他の亜科と区別される。稜鱗は、日本では「ぜんご」「ぜいご」という俗称で呼ばれることが多く、学術的には楯状鱗と呼ばれることもある。種類によって稜鱗の並ぶ長さや幅は異なり、同定の手がかりになる。

全長は15cmほどのミヤカミヒラアジ Alepes kleinii から、150cm以上になるロウニンアジ Caranx ignobilis まで種類によって異なる。体は著しく側扁し広葉樹の葉のような形状のものが多いが、ムロアジ属のように断面が円に近く前後に細長い紡錘形のものもいる。マアジ等では同種内で二通りの体型に分かれ、その中間の体型のものも存在する。体色は、背側は鳥類など上方からの捕食者を撹乱するために暗い色、腹側は大型肉食魚のような下方からの捕食者を撹乱するために明るい色になっている。しかし、瀬付きやあまり回遊しない個体には背側も明るい色になっている個体もいる。

生態
全世界の熱帯・温帯海域に多くの種類が知られ、日本でも南西諸島沿岸でインド太平洋産の種類が多く見られる。カッポレ Caranx lugubris は全世界の熱帯・亜熱帯海域に分布する汎世界種である。マアジは日本では馴染み深い魚種だが、その分布は北海道から南シナ海までとあまり広くない。

生息域は種類や地域個体群によって異なり、沿岸の岩礁・サンゴ礁域に居付くもの、砂泥底周辺に生息するもの、沖合いを回遊するもの等がいる。また幼魚期には汽水域や淡水域に入るものもいる。一般に遊泳力は高く、動きは素早い。食性は肉食性で、小魚・甲殻類・貝類・頭足類等の小動物を捕食する。敵は人間の他にもサメ類、マグロ類、ブリ類、カジキ類等の大型肉食魚がいる。

利用
世界各地で釣り、定置網、底引き網等の沿岸漁業で漁獲され、食用に利用されている。身質はピンク色で脂も乗っており、赤身と白身の味を併せ持つ。

日本ではマアジが重要な食用魚となっており、様々な加工品や料理が作られる。日本の朝食にはアジの干物がつき物であるように、食生活に古くから深い関わりがある。その他にもムロアジは鯵節やくさやの原料となるし、関東地方以南の南日本ではカイワリやギンガメアジ等扁平な体型をしたアジ類を「ヒラアジ」「メッキ」等と称して煮魚やから揚げ等の総菜に用いている。またマアジの居付き型やシマアジは高級食材として利用される。

釣り方
アジ類の釣りは、日本では主に夏から秋にかけて行われる。マアジなどの小型種は釣りの入門魚としても親しまれ、港内や防波堤では胴突きのサビキを用いたファミリーフィッシングも盛んに行われている。船釣りではイワシのミンチやアミエビをコマセ(寄せ餌)として使うビシ釣りや魚群探知機で魚群を探して魚の反応を確認したところでサビキで釣る“追っかけアジ”釣りが盛んである。防波堤釣りでも船釣りでも比較的釣りやすく、親しまれている対象魚の一つだが、大物に狙いをつけた釣りも行われる。外道にイワシ、サバ、カワハギ、ブリ、サヨリ、イシダイ等が掛かることもある。また、ルアーフィッシングの対象魚にされることもある。なお、釣ったアジを餌にブリ類等の大型肉食魚を狙うこともある。

食中毒
ギンガメアジ属等でシガテラ中毒も報告されているので、サンゴ礁域で漁獲された大型個体は食べないように注意が呼びかけられている。
アニサキスは、アジに寄生することもある。24時間以上冷凍しない生のアジを調理した場合には、アニサキス症を発症するリスクがある。

日本の2002年度アジ類陸揚量
第1位 - 境漁港(鳥取県)
第2位 - 長崎漁港(長崎県)
第3位 - 枕崎漁港(鹿児島県)
第4位 - 銚子漁港(千葉県)
第5位 - 浜田漁港(島根県)

語源
日本語の「アジ」は味が良いことに由来するといわれる。「魚」に「参」と書く漢字が当てられるが、この由来は諸説あり、「ソウ(魚偏に「喿」)」の字の写し間違いであるとする説[8]、「おいしくて参ってしまう」の意であるとする説、最も美味の季節が旧暦の3月に当たるので旁に数字の「参」が使われたとする説などがある。

分類
Kaiwarinus equula (Temminck & Schlegel, 1844) カイワリ
Pseudocaranx Bleeker, 1863 シマアジ属 - 4種、シマアジ
Selar Bleeker, 1851 メアジ属 - 2種、メアジ
Decapterus Bleeker, 1851 ムロアジ属 - 10種、ムロアジ・クサヤモロ
Trachurus Rafinesque, 1810 マアジ属 - 14種
Trachurus capensis Castelnau, 1861 (Cape horse mackerel)
Trachurus declivis (Jenyns, 1841) (Greenback horse mackerel)
Trachurus delagoa Nekrasov, 1970 (African scad)
Trachurus indicus Nekrasov, 1966 (Arabian scad)
Trachurus japonicus (Temminck & Schlegel, 1844) マアジ (Japanese jack mackerel)
Trachurus lathami Nichols, 1920 タイセイヨウマアジ (Rough scad)
Trachurus longimanus (Norman, 1935) (Crozet scad)
Trachurus mediterraneus (Steindachner, 1868) (Mediterranean horse mackerel)
Trachurus murphyi Nichols, 1920 (Chilean jack mackerel)
Trachurus novaezelandiae J. Richardson, 1843 (Yellowtail horse mackerel)
Trachurus picturatus (S. Bowdich, 1825) (Blue jack mackerel)
Trachurus symmetricus (Ayres, 1855) (Pacific jack mackerel)
Trachurus trachurus (Linnaeus, 1758) タイセイヨウアジ (ニシマアジ) (Atlantic horse mackerel)
Trachurus trecae Cadenat, 1950 (Cunene horse mackerel)
Carangoides Bleeker, 1851 ヨロイアジ属 - 19種、ヨロイアジ・ナンヨウカイワリ・クロヒラアジ・イトヒラアジ・コガネアジ
Atropus Oken, 1817 クボアジ属 - 1種、クボアジ Atropus atropos (Bloch et Schneider, 1801) のみ
Parastromateus Bleeker, 1865 クロアジモドキ属 - クロアジモドキ Parastromateus niger (Bloch, 1795) 1種のみ
Ulua Jordan and Snyder, 1908 ヒシカイワリ属 - 2種、ヒシカイワリ
Uraspis Bleeker, 1855 オキアジ属 - 3種、オキアジ
Alectis Rafinesque, 1815 イトヒキアジ属 - 3種、イトヒキアジ・ウマヅラアジ
Selene Lacépède, 1802 ヒラマナアジ属 - 8種、シロガネアジ
Alepes Swainson, 1839 マブタシマアジ属 - 5種、マブタシマアジ・クロボシヒラアジ・ミヤカミヒラアジ
Atule Jordan and Jordan, 1922 マテアジ属 - 1種、マテアジ Atule mate (Cuvier, 1833) のみ
Gnathanodon Bleeker, 1851 コガネシマアジ属 - 1種、コガネシマアジ Gnathanodon speciosus (Forsskål, 1775) のみ
Pantolabus Whitley, 1931 - 1種、Pantolabus radiatus (Macleay, 1881) のみ
Selaroides Bleeker, 1851 ホソヒラアジ属 - 1種、ホソヒラアジ Selaroides leptolepis (Cuvier, 1833) のみ
Chloroscombrus Girard, 1858 クラカケヒラアジ属 - 2種、クラカケヒラアジ
Hemicaranx Bleeker, 1862 モンツキヒラアジ属 - 4種、モンツキヒラアジ
Megalaspis Bleeker, 1851 オニアジ属 - 1種、オニアジ Megalaspis cordyla (Linnaeus, 1758) のみ
Caranx Lacépède, 1801 ギンガメアジ属 - 18種、ロウニンアジ・カスミアジ・ギンガメアジ・カッポレ・オニヒラアジ
 
イトヒキアジ Alectis ciliaris
 
マブタシマアジ Alepes vari
 
ミヤカミヒラアジ Alepes kleinii
 
ロウニンアジ Caranx ignobilis
 

★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★