夢の島からの贈り物

福岡市内からジェットフォイルで一時間程度の離島・【夢の島・壱岐】です。様々な素晴らしい素材を使った海産物、製菓など、あらゆる素晴らしいを全国の皆様にご提供できればと真剣に考えております。どうぞよろしくお願い致します。

トップ  > 管理人ブログ  > お中元、そしてその時期
【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は2社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

お中元、そしてその時期

長崎県でありながら、福岡市の北西に位置する【夢の島・壱岐(魏志倭人伝にも記されてる一支國)】福岡県福岡市博多区にあるベイサイドプレイス博多からの船旅1時間(ジェットフォイル)。
その壱岐は様々な食の宝庫です。
新鮮な魚、壱岐ならではの「むらさきうに」。壱岐の素材をふんだんに使われた「土肥製菓のかすまき」
 
そんな「食の壱岐」、「住の壱岐」、「海の壱岐」つまり「夢の島壱岐」からお贈り致します。
 
 
【汐彩屋・甘塩うに】
【甘塩うに2本セット】
新うに価格:8,000円(消費税・送料別途)
今年度(令和元年)はうにの価格が高騰しております。ご理解の程よろしくお願い致します。
 
【汐彩屋・甘塩うに】
 
 
 【土肥製菓様-かす巻き16個入りセット(餅入り、黒あん、白あん、虎まき)-】
 
価格 ¥4,536(税別・送料無料)
 支払い方法:代引きのみ
 
 
 
-かす巻き16個入りセット(餅入り、黒あん、白あん、虎まき)- 長崎県、壱岐島の郷土名物

 
意外と知られてないお中元の時期はいつ?関東・関西・九州など地域別の時期
 
夏が近づくにつれ、お中元をどうしようかと考え始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。お中元は、親しい方やお世話になった方へ日頃の感謝を伝えるための大切なコミュニケーションツールの1つです。しかし、社会人になったことを機にお中元を贈ろうと考えている方など、初めてお中元を用意する方の中には「お中元はいつ贈ることが正しいのか」分からず、困ってしまうこともあると思います。お中元は地域によって贈る時期が異なるため、関東・関西・九州など、日本全国の地域ごとにお中元を贈る最適な時期を把握しておきましょう。 そこで今回は、関東・関西・九州など地域別のお中元の時期をご紹介します。
 
【北海道】7月中旬から8月15日まで
北海道では、旧盆の時期にあたる7月15日~8月15日にお中元を贈ることが一般的です。
1ヶ月間と比較的期間に余裕があると言えるでしょう。ただし、別の地域から7月15日よりも早くお中元が届くことがあるためか、北海道でのお中元の時期も徐々に早まってきているようです。8月16日以降はお中元ではなく「残暑見舞い」という扱いになります。北海道の方にお中元を贈る場合は、8月15日までに届くよう気をつけましょう。
 
【東北・関東】7月初旬から7月15日まで
東北と関東は、一般的に7月初旬から7月15日までがお中元の期間です。

7月1日~7月15日までに届くよう手配してください。7月16日以降はお中元ではなく残暑見舞い扱いになります。 近年では東京・神奈川を中心にお中元の時期が早まっており、6月20日ごろから贈りはじめる方が増えているようです。理由として、関東・東北はお中元の期間が短いことが挙げられます。お中元はもともと直接持参することがマナーとされていましたが、現在は地理的・時間的に配送することが一般的です。 しかし、2週間という短い期間にお中元の配送が集中してしまうため、日時指定ができない、または日時を指定しても配送が遅れることがあります。このような事態を避けるために、念のため早めに配送する方が増えたと考えられます。
 
【北陸】地区によって7月と8月に分かれる
 
北陸の場合、関東と同じく7月初旬~7月15日にお中元を贈る地区と、北海道と同じく7月15日~8月15日の時期に贈る地区に分かれます。
 
都市部を中心とした広い範囲で関東と同じ時期に贈るため、北海道と同じ時期の地区は比較的少ないようです。北陸の方にお中元を贈る場合は、特に注意しましょう。
 
【東海・関西・中国・四国】7月中旬から8月15日まで
 
東海・関西・中国・四国のお中元は、7月15日~8月15日までに贈ることが一般的です。

しかし、お中元の時期が最も早い関東の影響を強く受け、年々早くなっています。 お中元として贈ることができる時期は8月15日までのため、8月16日から9月上旬までは残暑見舞い扱いとなります。しかしお中元の時期が早まっていることもあり、9月に入ってから残暑見舞いを贈ると、先方に届くのが遅いと思われる可能性があります。どうしても8月15日までにお中元を贈ることができない場合は、8月25日ごろまでに残暑お見舞いが届くよう手配しましょう。
 
【九州】8月1から8月15日までが一般的
 
九州の場合、関東や東北と丸1ヶ月もお中元の時期が異なります。

九州の方にお中元を贈る際は、8月1から8月15日までに届くよう手配しましょう。
ただし、やはり九州でも年々お中元の時期は早まっており、7月中に贈る方も増えているようです。
残暑見舞いとして贈る場合でも、関西などの地域と同じく8月25日頃までに届くよう気をつけてください。
 
【沖縄】旧暦の7月15日まで
 
沖縄は他の地域とは異なり、旧暦の7月15日までにお中元を贈ることが主流です。

そのため年によって、お中元の時期が異なります。沖縄の方にお中元を贈る場合は、
その年の旧暦7月15日を確認し、その日までに届くようにしましょう。
 
むすび
お中元を贈る時期は、7月初旬から8月15日までの約1ヶ月のうち、地域ごとに1週間から1ヶ月、期間が異なります。お中元は気持ちを贈るものとはいえ、地域によって習慣が異なります。異なる地域にお中元を贈る場合はできるだけその地域のお中元の時期を守り、失礼がないようにしましょう。しかし、現在は関東のお中元時期が早まっている影響により、全国的にお中元の時期が早まってきています。地域差は徐々に狭まっているのかもしれません。

 
■壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ
アジの開き
  
甘塩うに


 
 
 
 
 
 
 
 
■壱岐・土肥製菓のかすまき
 
餅入りかすまき
とら巻