夢の島からの贈り物

福岡市内からジェットフォイルで一時間程度の離島・【夢の島・壱岐】です。様々な素晴らしい素材を使った海産物、製菓など、あらゆる素晴らしいを全国の皆様にご提供できればと真剣に考えております。どうぞよろしくお願い致します。

【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は2社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

管理人ブログ

254件中 1件目~15件目を表示

「壱岐牛」と「壱岐メロン」

壱岐メロン取り扱いたい旨、JAに赴いた。その前にある方に畜産について教えて頂いた。畜産農家には畜産農家と肥育農家に分かれているそうだ。畜産農家は子牛を産ませて様々なところに売り、売った先が松坂で育てられれば「松阪牛」となり、神戸であれば「神戸牛」となる。肥育農家は成牛となり「壱岐牛」として売り出される。肥育農...

新たなる私の想い(令和三年二月〇五日)

私は昨年28年ぶりに壱岐市民になりました。 正確には28年前は壱岐郡でしたので勝本町民です。早いもので七年になろうとしております。いろいろ提案をする前に「頭を低く」、「頭を低く」と歯を食いしばり、我慢しておりました。 体調が戻り次第、福岡市に戻る予定でおりました。 しかし、暮らしていくうちに肌身に過疎化してい...

地方創生、それは「IT」だけじゃない

6次産業化、地方創生、SDGs、本当に聞かないね。コロナ禍の中仕方がないか。九州は七社会でもっているという人もいる。うなずける部分は多い。160万人となったいまもバス会社が一社ほぼ独占というのもどうなのか?不思議な町だ。市営地下鉄はあるが、私鉄も一社のみ。支店経済と言われてきた九州。リモートが証明された今後、...

魚介類の食べ方&婦人会のコラボ

2ヶ月ほど前、友達が来ていろいろ話したあと、「つしまめ(スルメイカ)ば捌いち3日ばかい寝かせち刺し身で食うたらなんとん言えんでばい!ええつまみでばい」訳:スルメイカを捌いてから3日程寝かせて刺し身で食べたら美味しいよ。いいつまみだよ。昔、アカイカ(ヤリイカ)を捌いて一晩寝かせて食べたほうが甘みが出ておいしいと...

アジの開き

アジの開きは、魚そのものは当然のこと塩加減、天気、風重要です。汐彩屋さんのアジの開きは塩加減はもちろんのこと、風の流れが抜群のスポットにある。 そこは私の島内でのお気に入りスポットである。汐彩屋さんのアジの干場 だから勝本朝市でも抜群の人気である。これほど衛生的なポイントはない。中には宅内にほしてらっしゃると...

かす巻の季節

かす巻(かすまき)とは、「カステラ巻き」とも呼ばれる「カステラ」を使用した和菓子の事である。名前の由来は、カステラ生地で餡を巻いていることからついたものという説が有力で、餡をカステラ生地で巻いたもの、もしくはカステラをどら焼き生地で巻いたものである。 カステラが主体となっており、カステラで餡を巻くか、カステラ...

もったいないブランド化

もったいないブランド化「壱岐牛」、「壱岐メロン」、「勝本まぐろ」この前、基山ラジウム温泉で「壱岐は国として成り立つんだってね。肉、魚、野菜、米、いろんなものが新鮮で」同じことを35年前に高校教師が言ってたのを思い出した。生産者、関係者が思うほどの知名度はないが、北部九州、いや福岡エリアまでは届いてると思う。一...

暑さ寒さも彼岸まで

今年は彼岸の入りは9月22日です。めっきり朝晩涼しくなってきました。夏の猛暑に「あんこの入ったかすまきは・・・。」と思いながら過ごしていました。スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋和菓子(土肥製菓のかすまき)の秋←造語ジョギングも増えてくるでしょう。走り終わると糖分がかなり減っています。糖分補給をしない...

餡日本語において餡(あん)は、以下の意味を持つ。1・小豆(あずき)などの豆類、サツマイモ、栗などを煮て砂糖を加えて練っ たもの。餡子(あんこ)といえば主にこれを指す。 2・饅頭や餅、中華点心の包子(餃子、焼売など)などの中に包み込むため に調理した挽き肉、野菜などの具。 3・水またはだし汁に葛粉、片栗粉などの...

餅入りかすまき(土肥製菓)

私はこのかすまきは初めて知りました。「餅のやわらかさとカステラ生地がとてもマッチしてます。」「食べ過ぎ注意!」のマークが付いていそうですが、私の悪いところ、頭の中で贈答品全てを食べる想定が浮かびます。今日は「かすまき」、「餅入りかすまき」,と一つ一つ食べていけばいいのですが💦この「餅入りかすまき」は検索しても...

勝本浦のアジ、そしてアジの開き

勝本浦の漁業、漁獲高。私はあちこちで言います。「漁獲高1位は北海道というのはすぐ浮かびますよね?2位は?意外と知られてないんですが長崎県なんですね。その県下一が勝本浦、つまり長崎県壱岐市勝本町勝本浦地区なんですよ。後継者不足になる15年くらいまでは」と。汐彩屋のアジの開きを見て高い、低いの判断をするのは消費者...

魚は美味しいよ

「あいつら金持ちやがったから、健康になりたがる。そいで今まで食いもしなかった魚を食べるようになりやがった。あんなデッケー船でまき網やられちゃ魚いなくなっちゃうよ。」とこれは南房総市の道の駅・ちくら潮王王国で築地で長年働いてた魚屋のおじさんと話していたときの会話の一部です。人生100年時代と言われ始めて久しい。...

かすまき(しろあん)

白餡(しろあん)とは、白いんげん豆または白アズキを茹でたものを潰し、砂糖または蜜で甘い味をつけた白色の漉し餡のこと。菓子の材料で、おもに饅頭や焼き菓子の中身などに使われる。白餡をあんことして味と味覚と脳の中での一致するのと、また理解するのに長い年月を要した気がします。二つ並んでいると、白餡を食べてみたいのに、...

ルーツ?

細いかすまき長崎県壱岐観光のお土産として、またご進物や手土産としてお勧めです。 素朴で懐かし味の生地と程よい甘味の餡がお茶のひとときを和ませてくれます。 江戸時代、参勤交代の武士に好んで食べられた記録が残っている歴史のある郷土菓子です。 開業当初より寿を加えるで(加寿まき)とし毎日焼き続けてます。片手でも食べ...

黒あんと白あんの違いとは?あんこが黒い理由も解説

黒あんと白あんの違いとは?あんこが黒い理由も解説 あん あんこと言えば粒入り派かこしあん派かで分かれますが、黒あんか白あんも好みが分かれる甘味でしょう。しかし、あんこが黒い理由や、黒あんと白あんの違いは何にあるのかご存じない方も多いようです。永遠のライバルである二つのあんこ…どっちが人気なのか、...

254件中 1件目~15件目を表示