【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は1社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

壱岐で捕れるウニ

壱岐は海女(士)漁の盛んな島である。とくに八幡浦は海女の集落として有名で、今でも80名ほどの海女が頑張っている

。海女漁の期間は5月から9月いっぱい。潜水具を使わない素潜り漁だ。壱岐では赤ウニ、紫ウニ、馬糞ウニの三種類が 

が採れる。海女たちは一番おいしい時期だけ採取しているという。ウニ飯は漁で忙しい海の女たちが考えだした手軽で旨

いご飯である。

生ウニと醤油だけで炊き込んだ「ウニ飯」と、生ウニを熱いご飯の上に乗せて醤油を垂らして食べる「ウニの

ぼっかけ」がある。ウニの風味が楽しめるシンプルで贅沢な食べ物である。

さて、ここに書いた赤ウニ、紫ウニ、馬糞ウニとは?

おそらくご存じないですよね。

赤ウニとは本州から九州まで広い範囲で見られる。トゲが長く暗い紫色をしている。キタムラサキウニに比べて小ぶりな

ものが多い。まあ、ちょっとランクしたのガゼと呼んでいたと思います。

ムラサキウニとは本州から九州まで広い範囲で見られる。トゲが長く暗い紫色をしている。キタムラサキウニに比べて小

ぶりなものが多い。

馬糞ウニとは北陸から長崎までの日本海に生息。エゾバフンウニと形は同じだがこちらの方が一般的には小ぶり。

と簡単に言えばこう言えると思います。

生態系など◯◯科などを調べていたら頭が痛くなって来ました(笑)

概ね、僕らが目にしていたものは紫うにですね。

だから旅行代理店のプランにもなるんだと思います。

美味しいですよ~♪

★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★