夢の島からの贈り物

福岡市内からジェットフォイルで一時間程度の離島・【夢の島・壱岐】です。様々な素晴らしい素材を使った海産物、製菓など、あらゆる素晴らしいを全国の皆様にご提供できればと真剣に考えております。どうぞよろしくお願い致します。

トップ  > ニュースリリース  > 活動指針
天比登都柱(あめのひとつばしら) それは夢の島・壱岐
また神の世界と地上の世界を結ぶ一本柱の國、それが壱岐

どうぞ、食を文化をご堪能ください
【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は2社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

活動指針

地方創生、新聞、メディアで踊るこの言葉

各地、各所で地域活性化、商店街の活性化、コワーキングスペース、Bizなど様々な試みを各自治体が行政主導で行っています。
私は、九州を15周、本州は千葉県銚子市まで車中泊で視察兼情報収集、そしてその地域のコミュニティの方々と互いに交流するように努めております。
ただ、新聞、メディアが発表する『街興し』はどこも興っておらず、一過性は否めない。
そして行政が経営した施設は必ずと言っていいほど黒字化には程遠いです。
私の考えは民間(その地域に住む人)主導で行政がバックアップするのがベストだと思っています。
想定通り、辿り着いた答えは『雇用の創出』です。
雇用がないと人はこない。
定住(行政用語)しません。都会から帰って来ません。

これと汐彩屋ブランドとどういう関係があるか?
これは我が地元・長崎県壱岐市の雇用創出の一つであり、私自身のチャレンジでもあります。
島には数多くの乾物屋があります。
なぜ汐彩屋か?
それは知らずに食べていた『アジのひらき』がおいしかったからです。
それで汐彩屋さんの今後の展開とマッチしたために私自身が販売もしております。

私の業務は
・コールセンターアドバイザー
・ホームページ、SNSアドバイザー
・障がい者就労支援
・【汐彩屋】ブランド商品のネット販売、直販です。

この私にできることで各地域の雇用の創出を目指しております。
【長崎県壱岐市勝本町勝本浦・表通り】

[旅気分]]海界の村を歩く 日本海 壱岐島(長崎県)・勝本浦 by 集落町並みWalker _JPN Walker

この動画は壱岐市勝本町の勝本浦地区(故郷・漁師町)だけの動画です。
勝本浦表通りに特化した動画です。正直、私自身驚きました。私の実家も写ってます。

 
 
 
【辰の島遊覧&渡船】

 「日本の海水浴場百選」の辰ノ島。壱岐随一の透明な砂浜の渚、奇岩・断崖絶壁を海から見上げる島巡り遊覧が一押し。

令和3年8月、勝本漁協観光案内所「ヒヨリミテラス」リニューアルオープン。
イカバーガーをはじめ、勝本町漁業協同組合漁師自慢のイカ料理を提供しています。遊覧船利用の前後に、ぜひお立ち寄りください。