アジみりんの焼き方&食べ方(肴含む)

【用意するもの】 

★アジのみりん一枚




★グリル敷石(100円ショップ)
普段料理されてる方はご存知だと思いますし、主婦の方もご存知かと思います。
私には衝撃的かつ画期的商品です。
だって一回一回、水を入れてそれを焼いて洗ってましたから。

★アルミホイル




ちなみにご存知かと思いますが、魚身鶏皮(うおみとりかわ)と言い魚は身から焼き鶏は皮から焼くそうです。

★グリルの火の強さは弱火でいいと思います。


★3分程度でしょうか。


★背を焼きます。こちら2、3分でいいと思います。


★再度、身を焼きます。1分でいいと思います。


ここで注意!!
結構、生になるんじゃないかと心配される方が多いと思いますが、それを気にし過ぎるとあっという間に焦げてしまいます。
これが、網焼きと違って逆にグリルの難しさだと思ってます。

★完成です。
ご飯のおかずにピッタリです。
朝食に最適でしょうが、お勤めなどでお忙しい方は夕食でも抜群です。


実はこれをちぎります。
少し冷めてからのほうがちぎり易いと思います。
これはちょっと、冷めが足りない段階で千切ってしまいました。
アジみりんの甘さが正直、駄目でした。
それをこうすると酒の肴になります。もちろんメインディッシュじゃないですよ。
私の場合、メインのことも多々ありましたが。

焼酎であれば濃い目のロック。
日本酒であれば辛口がおすすめです。

是非お試し下さい。

(もう少し冷ましてから千切ったがいいと思います)

【ご注文フォーム】
 



★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★