夢の島からの贈り物(汐彩屋)

トップ  > レシピ  > 汐彩屋・骨ごと食べるアジの干し物
天比登都柱(あめのひとつばしら) それは夢の島・壱岐
また神の世界と地上の世界を結ぶ一本柱の國、それが壱岐

どうぞ、食を文化をご堪能ください

汐彩屋・骨ごと食べるアジの干し物

圧力鍋で骨まで柔らかい☆鮎の塩焼きのアレンジ
アジのひらきで作ってみました。


材料
アジの干し物     一尾
酒              少々



1 鯵の干物に酒を少し振りかけてアルミホイルに包みます。


2 隙間ができないように、できるだけキッチリと包みます。


3 圧力鍋に蒸し料理用の中カゴを置き、水を適量入れます。


4 魚を乗せるための皿を上に置きます。


5 アルミホイルに包んだ干し物を入れ、30分(ティファールの圧力鍋)加圧します。加圧時間は鍋により調整してください。


6 圧力が下がったら鍋からアルミホイルごと取り出し、魚焼きグリルで焼き色が着く程度に焼きます。


7 できあがりです。
焼き上がりの見た目はごくフツーの鯵アジの干し物です。



8 食べやすいようにたたんでパクっといってください。



ポイント
少し料理酒をふりかけたおかげか、圧力調理中も干物の良い香りしかしませんでした。酒を使わなくても大丈夫なのかどうかは、試していないのでごめんなさい。

 



★壱岐の新鮮アジと甘塩ウニ★