夢の島からの贈り物

福岡市内からジェットフォイルで一時間程度の離島・【夢の島・壱岐】です。様々な素晴らしい素材を使った海産物、製菓など、あらゆる素晴らしいを全国の皆様にご提供できればと真剣に考えております。どうぞよろしくお願い致します。

天比登都柱(あめのひとつばしら) それは夢の島・壱岐
また神の世界と地上の世界を結ぶ一本柱の國、それが壱岐

どうぞ、食を文化をご堪能ください
【ごあいさつ】

自然豊かな食をあなたのテーブルに

玄界灘に浮かぶ夢の島・壱岐、その北部に位置する勝本町で穫れた新鮮な魚、海士が獲った新鮮なムラサキウニを販売している方の商品を通信販売という手段を使い、様々な方にお届けしたいと思い立ちホームページを起ち上げました。

この自然豊かな九州、長崎県壱岐市から全国の食卓へ安全な食をお届けできればと願っております。

現在、まだ出店者は2社でございますが、いいモノを見つけ、更に安心してお届けできる食を増やしていく所存でございます。


何卒、どうぞ、よろしくお願い致します。


    
 
 選ばれました!!


島の象徴【猿岩】

ホームページ運営管理者
T-style
〒811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
TEL:090-1343-7993
代表 立石拓也

 

壱岐の産物

12件中 1件目~12件目を表示

うにめしの素

夢の島・壱岐は1市4町はそれぞれの町の文化・伝統も全くといっていいほど違します。魚やうには勝本浦にしかないと思っていた私(小学生の頃)を混乱させました。 当然、生まれ育った勝本町勝本浦が長崎県下一で漁船数が多いのが原因でインプットされていたからです。うにも魚も高価なものは口に入らないのも勝本町松本浦です。なぜ...

古事記に「伊岐(いき)の島」、魏志倭人伝に「一支(いき)國」と記される神々の島

古事記に「伊岐(いき)の島」と記され、魏志倭人伝に「一支(いき)國」と記される神々の島・壱岐勝本町湯の本の湯の本温泉は神功皇后が産湯に使ったとされる温泉。島の中心部には全国の月読宮、月読神社の元宮である小さいが神々しい月読神社が鎮座。長崎県の60%の遺跡はこの縦横約20kmの島にある。最北端にはかつて長崎県下...

半生かじめと生あおさ

 半生かじめ あおさ​ 季節ですね~。 あおさは食した方は多いと思います。お吸い物などに最適で他に具はいらないお吸い物。特に永〇園のお吸い物に近くて遠い美味しさです。 「かじめ」は逆にもしかしたらご存じない方も多いのかもしれません。あったかい味噌汁にいれるだけ。冷めて来ると味噌がかじめを吸い込むような現象が起...

お歳暮商品

たっぷりあんこにふわっとカステラを巻いた郷土名物 かす巻きと言えば、長崎県の壱岐・対馬の名物で、カステラ巻きとも言われます.土肥製菓のかす巻きは、なんと言ってもあんこの量。 たっぷりあんこにさっぱりしたカステラがよく合います。 特に餅入りかす巻きが人気の商品です。 【お歳暮とは】価格 ¥2,268(税別・送料...

長崎・壱岐島で28年ぶりに日本酒造りが復活!新銘柄で再出発を果たした「横山五十」

長崎・壱岐島で28年ぶりに日本酒造りが復活!新銘柄で再出発を果たした「横山五十」 長崎・壱岐島で28年ぶりに日本酒造りが復活!新銘柄で再出発を果たした「横山五十」の経緯をたどる。1902年には17蔵の日本酒の蔵があったそうです。もちろん、焼酎も。28年ぶりも経っているのに正直、驚いた。「福椿」、「白椿」、「酔...

壱岐麦焼酎・私の三本柱

壱岐麦焼酎・私の三本柱 1899年の酒税法施行以降、壱岐には55軒の焼酎の蔵元が誕生しました。その後、統廃合を繰り返し、現在では7軒が焼酎づくりに切磋琢磨しています。島の中央部、小高い丘の上に建つ壱岐の蔵酒造はその一軒。1984年に6つの酒蔵が集まり、壱岐焼酎協業組合を創設。2010年にはさらなる飛躍と壱岐焼...

壱岐の藻塩

藻塩とは 藻塩とは、かつて玉藻と呼ばれていたホンダワラなどの海藻から作った塩のこと。 淡いベージュ色の藻塩は、海水と海藻のうま味が凝縮した、尖りのない、まろやかな口あたりが特徴です。 藻塩と塩の違い 藻塩は海藻と海水の両方を原料とし、普通の塩は海水のみを使います。 また、「塩分濃度」にも異なる点があります。 ...

壱岐七蔵

壱岐七蔵□壱岐焼酎とは 壱岐焼酎の歴史は16世紀まで遡り、麦焼酎発祥の地と云われています。 平成7年7月にはその伝統と製法が認められ、WTO(世界貿易機関)の「地理的表示」が認められました。世界が認められた産地指定酒となった壱岐焼酎は、島内7つの蔵元によりその伝統と製法が守り続けられています。 壱岐は、博多か...

【麦焼酎・壱岐っ娘(いきっこ)】

【壱岐っ娘】 恐らく「ブランド化」としては画期的だったと記憶しています。そしてインパクトも。壱岐にも「お酒」、酒造場もありました。現社長・福ちゃん(お姉さんが同級生の女の子)石橋酒造にも「福椿」、「白椿」というお酒があったように記憶してます。 篠崎酒造・長谷川酒造・吉田酒造・原田酒造・殿川酒造・石橋酒造でこの...

【麦焼酎・山の守(やまのもり)】

【麦焼酎発祥の地・壱岐】 【山の守(やまのもり)】という焼酎があります。強いです。「昔から勝本浦が他の焼酎」より販売数が多かったみたいですよ。だからだと思います。」だからだと思いますの問は「なんかちっちゃい頃から山の守を目で見て耳で聞くことが多かったもので」と伺いました。【山の守(やまのもり)】を飲めたら「お...

鯛茶漬け

壱岐の島、玄界灘の北北西の夢の島海、魚、肉、野菜、食の島神社庁登録150社の神の島長崎県の遺跡の60%はこの縦横約20kmの島にある 現在、壱岐市郷ノ浦町、壱岐市芦辺町、壱岐市石田町である。平成の大合併前は壱岐郡で町単体の財政でいい意味、競争原理が働いていたような気がします。勝本浦の漁師が豊漁で郷ノ浦町の繁華...

壱岐牛の歴史

 壱岐牛の歴史長崎県の壱岐市は玄界灘に浮かぶ 南北17km・東西14kmの島。壱岐の畜産の歴史は古く、弥生時代の壱岐の歴史を物語る「原の辻遺跡」からも、家畜牛の骨が出土しています。 鎌倉時代の国産の牛を解説した国牛十図にも『筑紫牛』の名前で壱岐産の牛が紹介されており、昔から壱岐島が牛の産地であったことがわかり...

12件中 1件目~12件目を表示